インスタントカメラが難しい

カテゴリー Staff Blog

はじめまして。スタッフのいなずまです。
早いもので今年も半分が過ぎました。

突然ですが、遠出をした際に「あ!カメラ忘れた!」となる方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?
私は体感で8割カメラを忘れます。

今年のゴールデンウィークでも2回遠出した中2回ともカメラを忘れました。

まあスマホで撮れば良い話なのですが、なんとなく負けた気がしてその時の私は潔く一切の写真を撮らないようにしています。(決してスマホの操作が面倒なわけではないですよ)
そして旅行から帰った2日後くらいに「ああ、撮っとけばよかった」と猛烈に後悔するのです。
思い出は大事。

そんな後悔の末、私はついに閃きました。
そうだ、インスタントカメラを使おう。

インスタントカメラ。
大抵の土地のどこかのお店には置いてあります。
運が良ければ自販機にも出会えます。
これほどお手軽なカメラは他にありません。
1000円だし。なんかオシャレだし。
なにより、『忘れる』という心配がない。

そんなこんなで使い始めたインスタントカメラ。
最近やっと27枚分撮り終えたので現像に行ってきました。
余談ですが今は写真をプリントするだけでなくデータをCDに焼いてくれるらしいです。便利。

ワクワクしながら待つこと1週間。
上がってきた写真を見てびっくり。ほとんどグレーのぼやけた写真でした。

…いや、インスタントカメラなんて小学生から触ってないし、使い方なんて分からないし。うん。
27枚中まともに撮れたのは半分くらいか…?

才能がないかもしれない。

まともに撮れた写真。ちょっとオシャレじゃない?

調べてみると、どうやら外の明るい光の中だと何をしないでも綺麗に撮れるらしいですね。
外でも暗かったり、たとえ明るくても屋内ではフラッシュを炊かないといけないようです。なるほど〜。

はたして私がインスタントカメラのプロになれる日は来るのでしょうか。
がんばれ。

これは失敗した写真。猫はフラッシュダメなので撮るのは難しそうですね。