プチたび@宮城県・ 松島

カテゴリー Staff Blog

みなさん、おはようございます!こんにちは!こんばんは!
NABEです。

久しぶりの記事は初めて綴った「プチたび」の第2回目!
ラグビーW杯の決勝翌日。連休の中日に松島へ。

今回は「プチたび」の本質かもしれませんね。
特に目的があるわけではなく、ノープランででかけました。
もちろんカメラと、新しいアイテムを引き連れて・・・。

今回も毎度の長い記事になるので、移動時間や休憩時間の暇つぶしにさらっと読んでみてください。時間のない方は最後にある「Vlog」をご覧になってくれると幸いです。

それでは参ります!

撮影機材

9月にAppleから新型のiPhoneが発売され、悩んだあげく、私も2年使用した前々機種を下取りして機種変更をしました。その下取りポイントで新アイテム「DJI Osmo Pocket(以下Osmo)」を購入しました。

Osmoはドローン撮影機材で有名なDJIという会社から発売されているジンバル搭載のビデオカメラです。ジンバルが内蔵されているので手ブレ振動を軽減されるのと、4K撮影やタイムラプス、モーションラプス、ハイパーラプスの撮影もできるうえ、手のひらサイズのビデオカメラなので、以前から欲しかった製品です。今回、iPhoneの下取りで念願の購入。

これまではミラーレスカメラで動画も撮影してましたが、Osmoを購入したので、実験も兼ねて。そして最近動画撮影・編集に興味をもっていたためVlog(ビデオブログ)にも挑戦してみました。

ルート

私は個人所有の車もないし、自転車も古くなりメンテナンスもしてないので
今回は公共交通機関での旅です。
仙台から松島海岸駅までは約40分。松島は観光地だけあり、午前中は多くの人が乗車します。
実際、私も9時台の乗車でしたが、立ち乗りで40分は結構つらかったです。

移動中にどこを回るか、ここで計画をたてました。
この日は夕方に別な用事があったので、観光場所が近いところで絞ったら

①松島遊覧船
②五大堂
③瑞巌寺

王道の松島観光ルートになってしまいました。

1.松島島巡り遊覧船「仁王丸」

実は遊覧船の乗車だけは前日に予定していて、ネットで予約しました。
通常の乗船は1,500円ですが、新元号キャンペーンで今年中は1,000円。
さらに、じゃらんで予約すると900円で乗船できます。

乗船30分前でしたが、そのくらいの時間で乗船待ちをすると比較的いい席に座ることができます。

50分間の乗船中に松島湾に浮かぶ大小の島々を見られます。アナウンスガイドが流れているので様々な情報を知ることができます。

湾で漁をしている漁師さんも手を振って迎えてくれるし、穏やかな波で心地よく乗船することができました。

2.五大堂

五大堂は瑞巌寺が管理する小堂で海岸広場の東端、五代堂島の上にあり、国の重要文化財に指定されています。

五「代」堂島なのに五「大」堂なんですよね。
五大堂に向かうあの橋。下がすけすけでなかなか怖い。行き交う時はふざけられない感じです。

ここは決して大きな場所ではないけれど、松島湾の島々の風景をみれるので出逢い橋と呼ばれている「福浦橋」も見えるのです。

3.瑞巌寺

瑞巌寺の周りも観光地が多く、観光客も多いのに。

参道も多くの観光客がいるのに、参道の広さなのか、異次元の静寂が時の流れを忘れさせてくれるように感じました。

今回は本堂の中には入らず、参道の色づく木々の紅葉を撮影しようとおもったのですが、今年はこれから色づく感じですかね。

4.Vlog

今回、新たなアイテムの「Osmo」を手に入れて、最近興味を持ち始めている動画に挑戦」してみました。少しばかりエモーショナルになったのかなと思ってます。3分ほどのVlogです。カップラーメンができるのを待っている間にご覧ください。

まとめ

今回、弾丸で松島へ出かけましたが。観光地はその地に住む人たちもあたたかくて、ラグビーロスと仕事の疲れを解してもらえる旅でした。また写真のほか、動画にチャレンジしたこの旅。正直まだまだ技術はありませんが、これも鍛錬。徐々に極めて、仕事やその先につなげていきたいです。最後まで記事を読んで頂き、また動画もご覧いただきありがとうございました。

nabe
福島県福島市出身。仙台市内の大学を卒業後入社。
Macの直感的な操作、ものをつくる(デザインする)楽しさ、そして知識と内容は浅いけど、自称カメラ男子(カメラメン)なグラフィックデザイナー。